人間ドックでわかる事

人間ドックの結果

人間ドックの結果は必ずしも良いとは限らないかもしれません。

 

ありとあらゆる検査を行うのですから、逆に全てが正常値という人もなかなか居ないでしょう。

 

その為、一つでも悪い結果があったからといってあまり落ち込みすぎないようにし、治療に切り替えることが必要です。

 

検査結果はその場で伝えられるものと出来ないものがあります。

 

例えば、血液検査などには時間がかかることが多く、一般的には詳細な結果については後日、他の結果と合わせて郵送されてくる場合が多い様です。

 

人間ドックの検査結果で注意して見ておきたいのが、基準値についてです。

 

その中には基準値とされる数値の幅が大きいものもあります。

 

例えば10〜50までが基準値だった場合、1年目の検査では10でしたが、2年目の検査で50だったら、どちらも基準値の範囲内ではあるのですが、そのなかでも大きな変化があったことになります。

 

また、基準値というものは絶対に安全であることを示す数字ではないので、自分にとっての基準値というものを知っておくことが大切です。

 

それから、今回の人間ドックの結果で全て「異常なし」とうい診断だったからと言って自分はこれから先も病気にかかる可能性が無い事が証明されたわけではありません。

 

病気の種類によっては、変化が出るまでに数年かかるものもあるのです。

 

例えば煙草等は、今問題がなかったとしても数年後に肺ガンを発症する可能性が十分にありますよね。

 

人間ドックでの「異常なし」というのはあくまでも今現在の状態に対しての事だけなので、一年で豹変する可能性もあるという事をしっかり頭に入れ、定期的に検診する事をお薦めします。

人間ドックの結果関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

人間ドックの結果

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します