人間ドックでわかる事

人間ドックの心構え

自分の体に異常がないかを調べてもらう検査が人間ドックです。

 

検査の前から「自分は絶対に大丈夫」と自信を持っていると、何らかの病気が発見された時のショックは大きいでしょう。

 

ひょっとしたら何か病気が見つかるかもしれない、おかしい所があったら早期発見してもらおうという心構えで人間ドックを受けることをお薦めします。

 

まず人間ドックに申し込みをするとなると、申し込みの書類をもらいます。

 

ここには色々な注意事項や、検査の当日までの過ごし方や、前日の注意事項が書かれているので、きちんと読んでおきましょう。

 

この書類の中には問診票も同封されていますが、これには嘘なくしっかり書くことが大切です。

 

「検査には関係ない薬だろう」とよく自己判断をして書かない人がいるようです。

 

しかし、どんな薬であっても書かなければならないことを頭に入れておきましょう。

 

担当者はこの問診票を参考にして、飲んでいる薬や過去の病気を判断します。

 

例えばあなたが毎年人間ドックを受けていたとしても、普段の生活を知っているわけではないので、この問診票でしか判断することが出来ないのです。

 

それからアレルギー等もしっかりと問診票に書きましょう。

 

女性の場合、月経時に検査をが重ならない様に注意しなければなりません。

 

月経時は普段の体のリズムと異なる場合もありますし、採尿や採便時に血が混ざってしまう可能性があり、正確な検査結果が出ないこともあるので、予約の際には自分の月経がいつ来るのかも考慮して希望の日を指定する事をお薦めします。

人間ドックの心構え関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

人間ドックの心構え

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します