人間ドックでわかる事

人間ドックでわかること

人間ドックは色々な病気の早期発見に役立つ事はわかっていますが、実際にどんなことがわかるのか知らない人が多いのではないでしょうか。

 

人間ドックで多く見つかるのが、がんや糖尿病といった病気です。

 

これらの病気は初期症状が出ないのが特徴であり、実際に病気だと診断された人でも告げられる瞬間まで「自分は健康だ」と思っている人がたくさん居るのです。

 

それくらい日常生活においては全く支障のない程度の初期症状しかないので、人間ドックを受けて定期的に自分が本当に健康かを確認する事が大切ではないでしょうか。

 

人間ドックにはいろいろな検査項目があります。

 

まず最初に行うのは、身体測定です。

 

これで分かる事はメタボリックシンドロームの他、糖尿病やがん等です。

 

もちろん身体測定だけで分かるわけではありませんが、他の検査項目とも十分に照らし合わせ診断されます。

 

眼の検査では網膜剥離や緑内障、白内障や動脈硬化などが分かり、呼吸器系検査では肺ガンや肺結核、心臓肥大などが分かります。

 

糖尿病はたくさんの人が罹ってしまう病気の一種なので、各検査項目に「糖尿病検査」として糖尿病に的を絞った検査が行われています。

 

それから、人間ドックには基本コースの他にもオプションコースというものがあります。

 

オプションでは基本コースでは調べない部分的検査の他にも、基本コースより精密な検査が行われるので、料金を考慮しながら自分が気になる所を調べてもらうと良いでしょう。

 

といっても、必ずしもオプションをつける必要はありません。

 

オプションの場合、健康保険補助の除外となってしまうので、全額実費となりますが、家系や遺伝といった関係で気になる病気などがあるようであれば数年に一回はオプションを受診したほうがいいのではないでしょうか。

人間ドックでわかること関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

人間ドックでわかること

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します