人間ドックでわかる事

脳ドックについて

人間ドックは40歳過ぎたころから通うことが多いようですが、脳ドックの場合は出来れば30歳を過ぎたら一度は受診することをおすすめします。

 

人間ドックに比べるとまだ馴染みが薄い言葉でしょうが、人間ドックの脳を対象としたものだと考えると理解できるのではないでしょうか。

 

例えば、病気の中でも脳卒中を特に心配している人には脳ドックを強くお薦めします。

 

通常の人間ドックでは首から下の異常を見つけることは優れているのですが、脳の詳しい検査を望む人はこちらも合わせて検討しましょう。

 

昨日まで元気だった人が脳卒中で突然倒れたなんて事は珍しい話ではないのです。

 

特に受けてほしい人は、家族に脳卒中の経験者が居たり、糖尿病の治療中だったり、慢性的な頭痛に悩まされている人であったり、高血圧である人です。

 

自覚症状が全くない場合もあるので、自己判断は非常に危険です。

 

最初に人間ドックを受けて気になるものがあってから「脳ドック」を選ぶ人も多いようです。

 

ただ脳ドックの場合も人間ドックと同じ様に保険は適用外で、費用は3万円〜7万円程かかります。

 

どこで検査が受けることが出来るかは日本脳ドック学会というサイトがあるのでそれを参考にすると良いでしょう。

 

利用する診療機器のメインはMRIです。

 

脳動脈硬化・脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤といった脳に関する色々な病気の早期発見してくれる検査です。

 

脳の場合は人工心臓のように交換することが不可能なとても重要な場所なので、異常がないかを出来るだけ定期的に調べて、病気があった場合は早期発見が出来るように心がける事が大切です。

脳ドックについて関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脳ドックについて

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します