人間ドックでわかる事

人間ドックの基準値

人間ドックの検査結果で異常があるか無いかは、基準となる値を元に割り出されます。

 

これは健康な人を集め、そのたくさんのデータを元に割り出された数値です。

 

以前は「正常基準値」という表現が使われており、「○〜○の範囲内であれば正常」などという説明のされ方でしたが、病気の中には潜伏するものもたくさん存在する事から、100%健康だとは言いきれないので、現在では基準値という言葉が使われる場合が多いようです。

 

人間ドックで提示される基準値は病院によっても多少異なります。

 

例えばAという病院では基準値の範囲内だったものが、Bという病院の場合同じ数値にもかかわらず要注意と判断される事があるのです。

 

この差を無くそうという動きもあるのですが、現時点ではまだ統一されておりません。

 

しかし、あまりに基準値のみに捉われた考え方は良くないでしょう。

 

例えば、お酒を飲んだ次の日や、長時間車を運転した日などの場合は普段よりも体調が良くない事もありますよね。

 

人間の体調は毎日同じではないので、たまたま人間ドックを受けた日の調子が良かったり、悪かったといった事も考えられます。

 

基準値の中間あたりではなく、ぎりぎり基準値の範囲内という場合には十分注意して受け止めなければなりません。

 

人間ドックの結果が正常の範囲とされる数値を大きく外れていた場合は、正常ではない可能性が高いということです。

 

自分で健康だと思っていた人からすると信じられない事かもしれませんが、精度の高い検査を受けて出た結果なので今後の治療・対策をどう行っていくのかを早目に検討する必要があります。

人間ドックの基準値関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

人間ドックの基準値

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します