人間ドックでわかる事

人間ドックの乳がん検診

女性の人が特に気になる病気といえば「乳がん」ではないでしょうか。

 

人間ドックでも乳がん検診を受けられます。

 

早期発見することが出来れば、かなりの確率で治すことが可能だと言われていますが、女性の方でも乳がん検診を受けたことがない人は多いのではないでしょうか。

 

人間ドックで行われる乳がん検査はマンモグラフィーや超音波検査、触診検査が一般的でしょう。

 

検査には触診もあるので、それが気になる場合は女性の先生が診てくれるところを選ぶとよいでしょう。

 

自分で触診検査する方法は一般的に知られていますが、しかしこれはしこりがあった場合にしか発見することが出来ません。

 

マンモグラフィー検査ではしこりがない早期の乳がんでも発見することが可能です。

 

実際に毎年乳がん検診を受けてい異常が無かったのに、人間ドックの乳がん検査で早期の段階でガンを発見することが出来たという人もたくさん居ます。

 

乳がんを発見するためには、乳房専用のレントゲン撮影機を使う必要がありますが、その機械がマンモグラフィーです。

 

撮影では乳房を引っ張り、圧迫板を利用して乳房を圧迫しながらレントゲン写真を撮ります。

 

この検査の時あまり力んでいると圧迫が痛く感じてしまうので、できるだけリラックスして検査できるといいですね。

 

乳がんの状態が悪化した段階で発見されてしまうと、乳房を全摘出しなければならない場合もあります。

 

そうなってしまうと見た目を取り戻すための乳房再生手術をすることが多く、かなりのお金がかかってしまうそうです。

 

出来れば人間ドックを定期的に受けて最悪の事態にならないようにしたいですね。

人間ドックの乳がん検診関連エントリー


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

人間ドックの乳がん検診

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します