人間ドックでわかる事

人間ドックの基礎知識ガイド

人間ドックの方法や病院の選び方、受ける時の心構え等を紹介します

人間ドックとは

昭和29年から人間ドックは始められました。

 

ドックという言葉が何を指すのが分からない人もたくさん居ると思いますが、これは船の修理や検査を行うところと同じ意味があります。

 

船が長旅をするには事前にきちんとした検査などが必要ですが、人間の体も同じことがいえるのではないでしょうか。

 

「短期入院親密身体検査」とも呼ばれており、その言葉通り短い期間で体に異常がないかを検査することです。

 

人間ドックの特徴は、病気を治すための検査というよりは 病気や異常を見つけるために行うといった所です。

 

万が一悪いところを発見したら、治療は病院で行うことになります。

 

人間ドックは行ったことのない人であれば、実際にどんな事をして、どのような身体の病気がわかるのか想像もつかないと思いますが、内臓だけではなく目や手足の異常なども発見出来るそうです。

 

何となく調子が悪いという人も、病気に罹っていないかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

確かに、通常行われる健康診断よりも費用はかかってしまいますが、その分検査の項目はたくさんあります。

 

眼科で目の異常は無いか、耳鼻科で耳の異常がないか、というような形で一件ずつ検査するほうが費用がたくさんかかってしまうので、まとめて調べてもらった方が安く済むのです。

 

特に病気をしやすい年齢になっってきた方は人間ドックをお薦めします。

 

後で後悔する事のない様に、数年に一度は受けるとよいでしょう。

 

自分では異常に全く気がつけない病気もたくさんあります。

 

定期的に人間ドックを行い病気を早期に発見できるといいですよね。


Copyright (C) 2010 人間ドックの基礎知識ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集